性病の症状は性別によって変わる

男性の性病の症状

性病にはさまざまな種類があります。代表的なものとして、梅毒・淋病・クラミジア・トリコモナス・尖圭コンジローマ・性器ヘルペスなどが挙げられます。

性病の症状は、病気の種類や、男女で異なります。まずは、男性の性病の症状について見ていきましょう。

性器にぶつぶつができたり、強いにおい、尿道のかゆみや不快感があったりしたら、淋病やクラミジア、トリコモナスを疑いましょう。また、これらの性病にかかっていると、排尿時に痛みを感じたり、尿道から膿のような分泌物が大量に出てきたりします。

睾丸が腫れたり、痛みを感じたりする場合、淋病やクラミジアなどに感染しているかもしれません。尖圭コンジローマに感染した場合、性器や肛門の周辺にイボのようなものができます。症状の程度には個人差もあり、軽い痛みが出ることもあれば、激しく痛むこともあります。また、人によっては程度が軽く、ほとんど気付かないこともあります。基本的に、痛みを伴うことはほとんどありません。

そのまま放置してしまうと、悪化したり、無精子症に発展したりする恐れがあるので、注意が必要です。

女性の性病の症状

女性の性病の症状では、おりものに変化が起こることが多いです。おりものの量が増えたり、おりものが酒粕やカッテージチーズのような状態になったりした場合は、性病を疑いましょう。淋病やクラミジア、カンジダの可能性があります。

また、おりものの臭いが強くなったり、泡状になったりした際には、トリコモナスが疑われます。性器やその周辺に、かゆみや痛みが生じたり、排尿時に痛みが起こり、排尿が困難になったりする場合もあります。その場合には、トリコモナス・カンジダ・性器ヘルペス・淋病などが考えられます。

尖圭コンジローマになると、性器や肛門の周辺に、イボのようなできものができることがあります。太ももの付け根当たりのリンパ節が腫れた場合、梅毒や性器ヘルペスに感染しているかもしれません。梅毒の場合には、性器や肛門、唇などにしこりが生じることがあります。しこりができても、痛みは生じません。

性病の中には、自覚症状がほとんど現れないものもあります。「男性にははっきりとした症状が現れても、女性の場合にはほとんど無症状」という性病も少なくありません。放置していると、重症化や不妊の原因になります。性病が不安な人は、病院や保健所で検査してもらいましょう。

性病は症状が出るまでに時間がかかる

クラミジア菌や淋菌に感染している人と性行為をすることで、性病を発症する恐れがあります。病原菌に感染してから、症状が出るまでにの期間を「潜伏期」といいます。潜伏期は病原菌の種類によって異なります。中には目立った症状が出ないものもあり、気づかないうちに重症化する恐れがあるので、注意が必要です。

クラミジアや淋病に感染すると、2日~3日で、性器周辺がかゆくなったり、排尿をするときに痛みがでることがあります。しばらくすると症状は消えますが、病原菌は消えたわけではなく、体の内側に入り込んでしまっているのです。

体の奥に侵入した病原菌は、女性では子宮内膜炎、男性では前立腺炎などを引き起こします。生殖器炎症は、不妊の原因にもなります。

梅毒は、およそ10日の潜伏期のあと、全身に斑点や痛みがないしこりを作ります。HIVなどは、潜伏期間がとても長いのが特徴で、およそ3ヶ月ほどだとされています。

性病は、感染に早めに気づくことができれば、簡単に治療できます。気になったときは検査を受けましょう。

病院に行けない人は保健所や検査キットを使おう

性病に感染してないか不安でも、自覚症状がないと、病院に行くべきか迷ってしまいますよね。また、恥ずかしくて病院に行けない、という人も少なくありません。

しかし、性病を放置していれば、どんどん重症化していきます。性病が重症化すると、不妊や、命にかかわる事態を引き起こす可能性があります。女性の場合、流産の原因にもなるので、注意が必要です。

性病は無症状のものも多いため、感染したのではないかと不安に感じたときは、セルフチェックをしてみましょう。女性であれば、性器周辺にかゆみがあったり、おりものの色が悪い場合は性病の可能性があります。男性は、性器周辺のかゆみやできもの、排尿時に痛みがあれば、性病を疑いましょう。

医療機関を受診するのが嫌だというときは、保健所で検査を受けるという方法もあります。保健所であれば、匿名で検査を受けられます。また、検査費は基本的に無料です。

また、郵送で検査を受けるキットを取り寄せる方法があります。医師などと対面しなくていいので、誰にも知られずに検査が可能です。

性病は早期発見、早期治療を行うことが一番重要です。性病が不安な人は、定期的にセルフチェックをしましょう。