男性の症状

性器ヘルペスは、性感染症のひとつです。性行為が主な感染原因で、性別に関係なく発症します。

約70%の人が無症状で済みますが、人によっては激しい症状が起こります。

男性がヘルペスウイルスに感染した場合、感染して1週間から3週間で、症状が現れます。

主な症状は、痛みやかゆみを伴う小さな水泡や、性器やお尻の周辺にできるびらんです。性器ヘルペスの水泡はすぐに破けて、ただれた状態になります。

まれに歩くことが困難になるほどの、激しい痛みをともなうこともあります。また、熱が出たり、足の付け根にあるリンパ節が腫れることもあります。

ヘルペスの特徴は、再発を繰り返すことです。へルペスウイルスは、感染すると骨盤の中の神経節に潜伏します。肉体的、精神的なストレスによって免疫が下がると、ヘルペスが増殖して、再び症状を引き起こします。

再発時は、陰茎などに痛みを伴う水泡ができ、時間が経つと破れ、びらん潰瘍となります。アナルセックスを行った場合は、肛門周辺に水泡が現れることがあります。再発時の症状は、初めて発症したときに比べると、軽症で済みます。

女性の症状

女性の性器ヘルペスに感染した場合も、主な症状は痛みを伴う水疱です。

外性器の局所に異変が現れ、大陰唇と小陰唇の両側、膣とその周りに、多数の水泡やびらんが起こります。足の付け根のリンパ節が腫れることもあります。さらに、膀胱炎のように尿が出なくなったり、排尿時に痛みがあったりすることもあります。

女性が性器ヘルペスになった場合、髄膜炎に発展する可能性があるので、注意が必要です。また、再発すると、初めて感染したときと比べれば軽度ですが、痛みやかゆみなどが現れます。

水泡は壊れやすく、診察時には破れてしまっていることがほとんどです。

ヘルペスは、日本では単純性疱疹ともいわれ、性器だけでなく体のどこにでもできます。上唇部に水泡ができることもあります。唇で発症したヘルペスを、口唇ヘルペスといいます。この状態でキスやオーラルセックスをすると、パートナーに感染する可能性があるので、注意が必要です。