未分類

淋病の症状を男女別に解説

男性の症状

男性が淋病に感染した場合、2日から5日程度の潜伏期間の後に症状が現れます。主な症状は、排尿時の痛みや、尿道から出る白色、あるいは黄色の膿、尿道口の腫れなどです。

これらの症状は、淋菌という細菌に感染することで引き起こされます。治療をしないで放置していると、淋菌が尿道から精巣上体にまで達します。

淋菌が精巣上体に達すると、精巣上体炎が起こり、陰嚢が腫れて非常に強い痛みが生じるようになります。中には、痛みが強すぎて歩くことができなくなるまで悪化してしまう場合もあります。また、発熱が伴うこともあります。精巣上体炎は、無精子症を引き起こし、不妊の原因になるのです。そのため、早めに治療を受けなければいけません。

淋菌が咽頭部分に感染した場合には、咽頭炎を引き起こします。喉が腫れたり、痛みが出たりしますが、自覚症状がないこともあります。

女性の症状

女性の淋病は、男性に比べて自覚症状が少ないのが特徴です。淋病の原因となる淋菌は、子宮頚管に感染します。それにより子宮頚管炎が起こり、排尿時に痛みが生じたり、不正出血などが起こったりします。

また、おりものの量が増えるのも、淋病の特徴です。ただし、症状が軽く、痛みが出ないこともあるので、感染していることに気付かないことが多いです。治療をせずに放置していると、卵管炎・子宮内膜炎・腹膜炎・膀胱炎に発展します。

淋病は、不妊症や母子感染の原因になることもあるので、注意が必要です。母親が淋菌に感染していると、赤ちゃんが産道を通る際に母子感染を起こすことがあります。生まれた赤ちゃんは、化膿性結膜炎になり、失明する恐れがあります。そのため、淋病は、出産前の治療が必要です。

梅毒の症状を男女別に解説

男性の症状

男性が梅毒に感染すると、感染をした部分に痛みのないしこりや潰瘍ができます。弾力があるしこりですが、触っても痛みを感じることはほとんどなく、1ヶ月ほどで自然に治癒することもあります。

感染しやすい部分は性器や口などです。しこりや潰瘍が自然に治癒されたように見えても、梅毒が治ったわけではありません。病原菌が、体の内側に入り込んでしまっています。

尿道を通って、前立腺のあたりまで病原菌が入っていくと、陰部にいぼができます。また、口の粘膜に炎症が起こることもあります。さらに体内に広がると、手のひらから胸元など、体全体にピンク色の発疹が出るようになります。

前立腺まで届いた病原菌は、睾丸を膨れさせたり、精子を作るところにまで影響を与え、不妊を引き起こすこともあります。また、重症化すると、臓器や神経、血管にまで悪影響を及ぼし、命にかかわる事態を引き起こすのです。

女性の症状

女性が梅毒に感染すると、感染した部分にしこりができます。主な発症部位は、口や性器周辺、肛門です。痛みを感じることはありません。

治療をせずに放置しておくと、梅毒の病原菌が血液によって全身に運ばれます。その結果、手の平や足の裏など、体全体にピンク色の発疹が出るようになります。発疹は、かゆみなどはなく、自然に治癒されることもありますが、頻繁に再発を繰り返すのが特徴です。

治療を行わなければ、体内に入り込んだ病原菌を抑えることはできません。治療をせずに放置しておくと、子宮内膜炎のリスクが高まり、不妊になりやすくなります。また、流産を起こしたり、赤ちゃんに梅毒が移り、結膜炎を引き起こしたりします。

性器クラミジアの症状を男女別に解説

男性の症状

性行為が原因で、性器クラミジア感染症にかかる可能性があります。

男性の主な症状は尿道炎です。症状は、感染してから数日の間に起こります。尿道炎になると、排尿をするときにしみるような痛みを感じるようになります。また、尿道から透明、または乳白色の膿が出ることがあります。

放置しておくと、クラミジアが尿道を通って奥まで進んでいき、前立腺にまで到達します。前立腺がクラミジア菌に感染しても、すぐには自覚症状が出ません。感染がさらに進行したり、免疫が落ちたりすると、症状が現れるようになります。

クラミジアが前立腺まで感染を広げると、肛門と陰嚢の間や下腹部などに強い痛みが生じるようになります。睾丸が腫れて痛みが出ることもあります。

精嚢にまで感染が広がると、精子量が減少し、不妊の原因になるので、注意が必要です。これらの症状に気づいたら、すぐに病院で処置を受けましょう。

女性の症状

女性の場合、子宮頸管部粘膜にクラミジア菌が感染することによって、性器クラミジア感染症が起こります。

感染してすぐには自覚症状が起こらず、痛みもありませんが、膣内の免疫力が低下します。そのため、他の病原菌の感染リスクが上がり、膣炎が起こるようになります。膣炎になると、性器のかゆみや強いにおいといった症状が見られます。また、茶色く変色したおりものが出ることもあります。

炎症を起こしているため、性行為をすると痛みを感じることがあります。

クラミジア菌は、しっかりと治療しなければ、体の奥に感染を広げていくので、注意が必要です。クラミジアの感染が進行すると、子宮内膜炎や卵管炎症に発展し、ひどい生理痛や不正出血が起こるようになります。

卵管炎になると、卵管が詰まり、卵子の通り道が塞がるため、妊娠しにくくなる恐れがあります。子宮内膜炎になると、避妊や流産のリスクが上がります。クラミジアに感染したことに気づいたら、すぐに病院を受診することが大切です。

性器ヘルペスの症状を男女別に解説

男性の症状

性器ヘルペスは、性感染症のひとつです。性行為が主な感染原因で、性別に関係なく発症します。

約70%の人が無症状で済みますが、人によっては激しい症状が起こります。

男性がヘルペスウイルスに感染した場合、感染して1週間から3週間で、症状が現れます。

主な症状は、痛みやかゆみを伴う小さな水泡や、性器やお尻の周辺にできるびらんです。性器ヘルペスの水泡はすぐに破けて、ただれた状態になります。

まれに歩くことが困難になるほどの、激しい痛みをともなうこともあります。また、熱が出たり、足の付け根にあるリンパ節が腫れることもあります。

ヘルペスの特徴は、再発を繰り返すことです。へルペスウイルスは、感染すると骨盤の中の神経節に潜伏します。肉体的、精神的なストレスによって免疫が下がると、ヘルペスが増殖して、再び症状を引き起こします。

再発時は、陰茎などに痛みを伴う水泡ができ、時間が経つと破れ、びらん潰瘍となります。アナルセックスを行った場合は、肛門周辺に水泡が現れることがあります。再発時の症状は、初めて発症したときに比べると、軽症で済みます。

女性の症状

女性の性器ヘルペスに感染した場合も、主な症状は痛みを伴う水疱です。

外性器の局所に異変が現れ、大陰唇と小陰唇の両側、膣とその周りに、多数の水泡やびらんが起こります。足の付け根のリンパ節が腫れることもあります。さらに、膀胱炎のように尿が出なくなったり、排尿時に痛みがあったりすることもあります。

女性が性器ヘルペスになった場合、髄膜炎に発展する可能性があるので、注意が必要です。また、再発すると、初めて感染したときと比べれば軽度ですが、痛みやかゆみなどが現れます。

水泡は壊れやすく、診察時には破れてしまっていることがほとんどです。

ヘルペスは、日本では単純性疱疹ともいわれ、性器だけでなく体のどこにでもできます。上唇部に水泡ができることもあります。唇で発症したヘルペスを、口唇ヘルペスといいます。この状態でキスやオーラルセックスをすると、パートナーに感染する可能性があるので、注意が必要です。