性器クラミジアの症状を男女別に解説

男性の症状

性行為が原因で、性器クラミジア感染症にかかる可能性があります。

男性の主な症状は尿道炎です。症状は、感染してから数日の間に起こります。尿道炎になると、排尿をするときにしみるような痛みを感じるようになります。また、尿道から透明、または乳白色の膿が出ることがあります。

放置しておくと、クラミジアが尿道を通って奥まで進んでいき、前立腺にまで到達します。前立腺がクラミジア菌に感染しても、すぐには自覚症状が出ません。感染がさらに進行したり、免疫が落ちたりすると、症状が現れるようになります。

クラミジアが前立腺まで感染を広げると、肛門と陰嚢の間や下腹部などに強い痛みが生じるようになります。睾丸が腫れて痛みが出ることもあります。

精嚢にまで感染が広がると、精子量が減少し、不妊の原因になるので、注意が必要です。これらの症状に気づいたら、すぐに病院で処置を受けましょう。

女性の症状

女性の場合、子宮頸管部粘膜にクラミジア菌が感染することによって、性器クラミジア感染症が起こります。

感染してすぐには自覚症状が起こらず、痛みもありませんが、膣内の免疫力が低下します。そのため、他の病原菌の感染リスクが上がり、膣炎が起こるようになります。膣炎になると、性器のかゆみや強いにおいといった症状が見られます。また、茶色く変色したおりものが出ることもあります。

炎症を起こしているため、性行為をすると痛みを感じることがあります。

クラミジア菌は、しっかりと治療しなければ、体の奥に感染を広げていくので、注意が必要です。クラミジアの感染が進行すると、子宮内膜炎や卵管炎症に発展し、ひどい生理痛や不正出血が起こるようになります。

卵管炎になると、卵管が詰まり、卵子の通り道が塞がるため、妊娠しにくくなる恐れがあります。子宮内膜炎になると、避妊や流産のリスクが上がります。クラミジアに感染したことに気づいたら、すぐに病院を受診することが大切です。

SNSでもご購読できます。