淋病の症状を男女別に解説

男性の症状

男性が淋病に感染した場合、2日から5日程度の潜伏期間の後に症状が現れます。主な症状は、排尿時の痛みや、尿道から出る白色、あるいは黄色の膿、尿道口の腫れなどです。

これらの症状は、淋菌という細菌に感染することで引き起こされます。治療をしないで放置していると、淋菌が尿道から精巣上体にまで達します。

淋菌が精巣上体に達すると、精巣上体炎が起こり、陰嚢が腫れて非常に強い痛みが生じるようになります。中には、痛みが強すぎて歩くことができなくなるまで悪化してしまう場合もあります。また、発熱が伴うこともあります。精巣上体炎は、無精子症を引き起こし、不妊の原因になるのです。そのため、早めに治療を受けなければいけません。

淋菌が咽頭部分に感染した場合には、咽頭炎を引き起こします。喉が腫れたり、痛みが出たりしますが、自覚症状がないこともあります。

女性の症状

女性の淋病は、男性に比べて自覚症状が少ないのが特徴です。淋病の原因となる淋菌は、子宮頚管に感染します。それにより子宮頚管炎が起こり、排尿時に痛みが生じたり、不正出血などが起こったりします。

また、おりものの量が増えるのも、淋病の特徴です。ただし、症状が軽く、痛みが出ないこともあるので、感染していることに気付かないことが多いです。治療をせずに放置していると、卵管炎・子宮内膜炎・腹膜炎・膀胱炎に発展します。

淋病は、不妊症や母子感染の原因になることもあるので、注意が必要です。母親が淋菌に感染していると、赤ちゃんが産道を通る際に母子感染を起こすことがあります。生まれた赤ちゃんは、化膿性結膜炎になり、失明する恐れがあります。そのため、淋病は、出産前の治療が必要です。

SNSでもご購読できます。